本場大島紬 秋名バラ(ほんばおおしまつむぎ あきなばら)

秋名バラ 柄の「バラ」は琉球語でザルを意味します。

東シナ海に面した「秋名(あきな)」地区で琉球服属時代に生活用具の竹で編んだ、「サンバラ」と呼ばれるザルをモチーフにして作られていったものがこの柄です。

全体的に黒を基調に落ち着いた雰囲気が特徴で、近づいた時に見える格子柄の中の十字がアクセントとなり、味わいのある深みと上品な華やかさを演出しています。

この柄も百年以上続く代表的な柄で、長羽織や塵よけコートとしても、今でもとても人気があります。