秋田畝織(あきたうねおり)

秋田畝織 (あきたうねおり)とは秋田県指定の無形文化財で平組織に細かい桝目のような畝のある絹織物です。

江戸後期、石川龍右衛門の技術指導によって織られたのが始まりとされています。

大正時代に途絶えましたが、1953(昭和28)年に秋田市の滑川晨吉さんが復元し、技術保持者として認定されています。

二百余年に渡って伝わってきた伝承織物ですが、生産数はかなり少なく、大変希少価値の高いお品です。