灰汁醗酵建藍染(あくはっこうだてあいぞめ)

日本にのみ残る「灰汁醗酵建藍染(あくはっこうだてあいぞめ)」。この藍染は、藍草の葉を発酵させ「(すくも)」という染料を造り、それを堅木の「灰汁」で溶き発酵、粥状に炊いた「麩(ふすま)」を与え染色します。

手間がかかり、非効率的だが、他には真似出来ない色を醸し出してくれます。

愛情を注ぐと美しい紫紺の華を咲かせ、幾度も甕に浸け、水にくぐらせるときれいな色を重ねてくれます。

手元を離れてからも持つ方と共に長く年を重ねてくれるのが本物の「藍」の魅力です。