網織紬(あみおりつむぎ)

琵琶湖近くの長浜市では古くから養蚕が盛んで、漁網には網が使用されました。

そこで使い古したものを糸にして織り込む織物(あみ織紬)が生まれました。

滋賀県の伝統的工芸品として今も守られています。

滋賀県の伝統的工芸品
これまで網織紬というものはあまり見たことがなかったのですが、ふっくらと優しく、まるで蚕に包まれているような手触りに驚くばかりです。

こちらの作品は薄グレーの市松地に色鉛筆で線を引いたかのような黄緑色や紫色の線が趣深いですね。