足利銘仙あしかがめいせん)

足利銘仙 (あしかがめいせん)は大正から昭和にかけての女性の普段着・お洒落着として日本全国に普及した平織の絹織物。

経と横の糸の色をずらすことによって、色の境界にぼけが生じます。これが当時の流行だったようです。

こちらの足利銘仙は生産量で昭和10年前後には全国一位となりました。