アットゥシ織

アットゥシ織は、アイヌの民族衣装や網み籠などとして用いられた、日本最古の機織り技法です。2013年には北海道ではじめての伝統的工芸品としても指定されています。

材料には北海道全域に生える植物《オヒョウ》を使用しており、「アットゥシカラペ」と呼ばれる日本に現存する地機のなかでもっとも古い形の織り機が使われております。これにより着る人のサイズに合わせた布が織れるので、裁断箇所が少なくてすむ分、ほつれにくくなるのです。

アットゥシ織の特徴

アットゥシ織の特徴は「オヒョウの樹皮から織る生地」「アップリケと刺繍で表す文様」です。

アットゥシカラペで織りあげた、アットゥシ織の布地は無地が多く、ほとんどが樹皮そのままの色となっています。

また普段着ではそのまま装飾をせず仕立てたまま着ますが、晴れ着には袖口、衿、裾まわり、背中などに木綿布でアップリケを施し、その上にさまざまな文様を刺繍する文化があります。