徳島県無形文化財に指定された「阿波しじら織(あわしじらおり)」

阿波徳島の名物として鳴門の渦、阿波おどりに並ぶ「阿波しじら(あわしじらおり)」。徳島県無形文化財に指定されています。

阿波しじら織は明治初年、徳島市に住む織物業者、海部ハナ女が苦心研究の結果発案したものです。

その布面はちぢみのように優雅であり、どなたが召されても軽く涼しく、さらりとした上質な肌触りはすっかり暑気を忘れさせることでしょう。

そして、阿波特産の藍で染めてあるので、色合いは落ち着き、かぐわしい香りを漂わせています。

蜂須賀旧藩主の時代に製織された「阿波しじら織」

蜂須賀旧藩主の時代には一般庶民階級の者が絹布を用いることを堅く禁じられていました。このため商人は木綿織物で外見の美について工夫をこらすことに努力しました。

維新当時、徳島の福島町に住む海部ハナ女は、古くより伝えられているタタエ縞を参考として、従来の経糸に改良を加え、阿波特産の藍染料を使用し、縞織物を製織しました。

乾燥のため戸外に干しておいたところ、突然の雨に誤って濡らしてしまいました。その後、日光に乾かしたところ布面に凹凸があることにヒントを得て、苦心研究しました。

そして適暑衣料として大いに需要があり、現在も全国的に広く歓迎されております。