紅型(びんがた)

紅型 (びんがた)

青空と緑に囲まれた中から生まれた、美しさ、かわいらしさを表現する着物紅型。
数多い着物の柄の中でひときわ強烈な印象を与えます。

紅型は、丁寧にひとつひとつ細かな型を彫り、白生地に糊置きをし、顔料を用いて色を挿していきます。
そのあとに、筆で色を挿して、刷毛でこすってぼかし染めのようにし、水で糊を洗い流します。
各工程に何人もの職人さんが携わり、力を注いで丹精込めて仕上げていきます。