長絹(ちょうきん)

「長絹(ちょうきん)」は主として能楽を舞う女役に用いられる能装束で、元来平家の公家の装束として愛されたものです。

「長絹」の生地は透き通った軽やかな変わり絽紗で、金糸及び落ち着いた華やかな経緯で織り上げた高貴で格調高い優美な衣裳です。

写真がないのですが、下記のような説明付きの作品もございます。
~~重要無形文化財に匹敵する「長絹」の生地を帯に応用すべく、特撚の糸を経緯に配し、変わり紗組織で最も熟練した織匠により丹念に織りあげました。
文様につきましては一流染色家、デザイナーが能衣裳の紋様を新しい感性で表現しました。
軽くて締めやすく、重厚味のある気品溢れた袋帯は他の追随を許さない芸術作品です。
訪問着、紬の着物等お洒落の着物に季節を問わず幅広くご利用いただけます。~~

個人的な話になりますが、以前金沢能楽美術館で拝見した能衣装の中に長絹の作品がございました。
紋紗のような繊細な織、華やかな気品に見惚れていたのものです。
とても珍しい長絹をこのように間近で再び見られることを嬉しく思います。