注染(ちゅうせん)

注染 (ちゅうせん)

長板中形より簡単とはいえ、機械による大量生産のプリントものと違い、職人の技を駆使する手仕事で一反々制作されます。

しかし、その染色法の特性から折りたたんだ生地端の部分に防染糊がたまり、型継ぎがスムーズでなかったり、
染料の状態によっては染斑ができてしまうというような、手仕事ならではの難点が間々生じることも否めません。

注染の名称は、染液を注ぎかけるというその染色法に由来しています。