緞子(どんす)

緞子 (どんす)は、表裏に紋様がでる織物で古来より「金襴緞子の帯締めながら…」と歌われるほど緞子は重厚で光沢のある織物です。

緞子帯は安永、天明以降大いに流行し明治十・二十年代はその全盛期であったとされています。