江戸小紋(えどこもん)

江戸小紋 (えどこもん)とは、伊勢白子の型紙によって染められた細かい文様のことをいいます。

江戸小紋には鮫、通し、行儀など、多種多様な柄があり、驚くほど細かくて精緻な文様が特徴です。

江戸小紋は江戸時代初め、武士の礼装である裃に用いられてから大きな発展を見せ、町人文化の栄えた江戸中期には一般の人々にも浸透していき、現在に至っています。