二倍織

ニ倍有職紋の着物

二倍織とは、有職織物の織り技法のひとつで、綾織に縫取織を併せた織り方です。

平安時代より、宮廷貴族社会で用いられた織物で、地紋と上紋が、それぞれ異なる織技術で織られています。

二倍織は、古くから格の高い皇族の装束として着用され、現在でも皇族の方々の唐衣、表衣、袿などに用いられています。

こちらの作品の表面は黒を混ぜたような深緑地にやや文様部分が浮き上がる織に対して、裏面は文様部分がやや沈んだり平坦になっております。

2通りの“織”を愉しめるという贅沢な仕上がりです。

上質な極細の糸で織られているからこそ生まれる質感とふわりとした軽やかさと上品な意匠構成となっております。