行儀(ぎょうぎ)

行儀 (ぎょうぎ)とは、江戸小紋の柄のひとつです。細かい丸い点が斜めに連続した模様で、鮫、角通しとならんで、小紋三役のひとつです。

先端が半円形の彫刻刀を垂直に立てて彫り抜いた錐彫りの型紙で染められる江戸小紋で、

行儀はお辞儀をするとき斜めに体を曲げることに由来した柄といいます。