白山紬(はくさんつむぎ)

白山紬 (はくさんつむぎ)は、もともとは石川県白峰町で織られていた紬、現在の牛首紬と同じルーツでした。

しかし白峰で操業していた機屋さんが昭和初期に廃業になり、その後ほかの機屋さんが商標を譲り受けて、「白山紬」という名称で生産するようになりました。

現在は金沢市にある織元独自の登録商標となっています。

光沢があり丈夫で、しっかりした生地なので、きものに仕立てたときには、裾捌きのよい風合いの良いきものとなります。