日野間道(ひのかんどう)

日野間道 (ひのかんどう)

日野という名称は茶道を利休に学んだ権大納言日野輝資が愛用したことによるものです。

渋味、美しい新鮮さを持つ間道は茶人の心を魅了し続けています。