広瀬絣

島根県指定無形文化財

広瀬絣は、島根県安来市広瀬町で製造されている絣をいいます。

倉吉絣、弓浜絣とともに山陰の三絵絣の一つとされ、大柄の絵絣が特徴です。

文政7年(1824年)に町医長岡謙祥の妻貞子が米子から絣の染織法を伝授され帰郷し広瀬藩内の婦女子に広めたのが始まりとされています。その後、幕末に染め、織りに改良が加えられ、広瀬絣の基礎が確立されました。

明治30年代には年間13万反の生産量を誇りましたが、大正4年の大火で大打撃を受け、次第に生産量は減少していきました。

その後、昭和36年には広瀬絣の技術保存と伝承を目的とした「広瀬絣振興会」を結成しました。その翌年には「島根県指定無形文化財」に指定され、天野圭(藍染)、花谷初子・松田フサヲ(織)の三名が保存者として認定されました。
~広瀬絣藍染工房HPより抜粋~

こちらは天野圭さんによる手織の広瀬絣のとても貴重な帯です。

広瀬絣の特徴である大きな絣文様。

西洋のレリーフ等で見られるパルメット更紗。

お太鼓には25cm×25cmもの大きさで表現されています。

手触りはとても優しく、天野さんの手の温もりがひしひしと伝わるものとなっています。

広瀬絣は、弓浜から絣の技術を学び幕末から明治にけ最盛期を迎えます。
現在では注文生産が主体となっています。