疋田鹿の子絞り(ひったかのこしぼり)

疋田鹿の子絞り (ひったかのこしぼり)は、見る角度や纏う人の体の曲線によって、さまざまに表情を変える奥の深さ。友禅や小紋にはない柔らかな質感で、あこがれの着物の筆頭に挙げられます。

染め色の中から立体的な模様が連続し、大変美しい着物姿となります。