本場大島紬 本割込絣

明治30年代のころ永江伊栄温翁によって現在の織締機が発明され、複雑かつ緻密で変化に富んだ絣や、帯締等の特殊な技法も考案され、割込み絣がつくられるようになりました。

しかしながら、その締めや織りなどの技法が大変難しかったため、割込み絣は長らく途絶えていました。

昭和40年代なかばに復活しましたが、現在では本割り込み式を織れる方が激減しているため、数も出回らず、すでに入手する事が難しくなっています。

「割り込み」式の絣糸の配列は、一元→カタス→一元→カタスと続かなくてはならず、一元の十字、カタスの「T」字が、ちょうどアルファベットの「I」と「E」を連ねたような表情になります。