一珍染(いっちんぞめ)

一珍染 (いっちんぞめ)とは染め技法のひとつで、一珍糊といわれる、小麦粉やうどん粉を主原料にした澱粉に、石灰を混ぜたものを用いて染めます。

一珍糊は、乾燥するとひびが入りやすいのが特徴です。糊置きして染めた後、糊に細かいひび割れを作り、そこに染料が入りこむことで「氷割れ」とよばれる、独特の染め上がりになります。