市楽織(いちらくおり)

市楽織 (いちらくおり)は、経緯(たてよこ)糸とも先練り(さきねり)先染め(さきぞめ)の絹糸を用いた絹織物です。

組織が平織りと綾織りを組み合わせた形になっているので、しなやかで腰のある風合いをもち、着尺地として明治年間に広く用いられました。

「一楽」の名称は、幕末の堺の籠(かご)細工の名人、土屋一楽の始めた籠編み目に似ていることから名づけられたといわれています。