伊勢崎銘仙(いせさきめいせん)

伊勢崎銘仙 (いせさきめいせん)は、大正から昭和初期にかけて全国で流行した絹織物で、豊富な種類の色・柄や手織りの風合いが特徴です。

伊勢崎銘仙はあの大島紬以上の縦糸を用いたしっかりとした打ち込みのため、大島紬のようにさらりとした上質な手触りをしています。

>銘仙について
>足利銘仙について