板締め絣 (いたじめがすり)

白鷹紬は長井紬と発祥は同じで、米沢藩が領内の青苧や紅花といった自然素材を用いて、絹織物産業に変えたことに始まります。

「板締め」を導入したことで、緻密な絣文様を表現することができ、その素晴らしさは伝統的工芸品指定を受け、また「北限の絣」として親しまれています。

白鷹紬の帯
こちらの作品は芥子(からし)色ベースに幾何学や鳥の絵絣文様を施し、眺めれば眺めるほど素朴でほっこりと和む優しい風合いに虜になります。

これほどまでに細密な切り替えがされた絣文様というのも珍しいものです。

本当に貴重な白鷹紬の真髄がありありと伝わります。