一刀彫(いっとうぼり)

一刀彫 (いっとうぼり)とは三重構造の生地(厚みが糸3本分)の上層の1本分だけを「彫る」ことで、断ち切られた糸が毛羽立ち、ビロードのように文様を浮き立たせる技法です。
柔らかな絹地にふんわりと暈しが染められ、一刀彫で丁寧な意匠が作られております。