一刀彫天鵞絨(いっとうぼりびろうど)

一刀彫天鵞絨 (いっとうぼりびろうど)とは、経糸5600本、緯糸22000本、白生地一反で、約1億2千万の升に掛けられた経糸を、小刀で彫刻するように刻んで文様を表現します。
フラットな白生地からカットし、精錬で起毛させるため柄域に制約がない日本独自の天鵞絨技術です。