伊予絣(いよがすり)

伊予絣 (いよがすり)は愛媛県松山市と周辺で生産される木綿織物です。

江戸時代後期に《鍵谷カナ》という女性がつくり出したと言われており、久留米や備後とともに日本の三大絣にも数えられています。

伊予絣の特徴

伊予絣の特徴は、量産するため乱れがちだった絣足がかえって味わいを高めた「かすれによる文様の味わい」と、幾何学文様や絵柄とも太い線で表現される「藍に映える太いライン」です。