壁上布(かべじょうふ)

壁上布 (かべじょうふ)

壁上布の壁とは「壁糸」のことで、強い下撚(よ)りをかけた糸と、撚りのない糸を引き揃え、下撚りと反対方向の上撚(よ)りをかけた凸凹のある糸です。
この独特のシボを持つ「壁糸」と呼ばれる糸を用いて織られたています。
壁糸の繊細な凹凸が、肌にくっつかないしゃりっとした地風を生むので薄く張りがあり、着心地も抜群です。
細部までも気を抜かない、職人の高度な技術が伺えます。