川平織(かびらおり)

深石美穂さんは福島県出身で東京から石垣島に移住されて30年以上がたちます。この地で織り上げる織物を「川平織(かびらおり)」と命名し、100%草木染、手織りの作品を生み出し続けておられます。

地元の川平産繭を座繰りし、地元の山野の草木で糸を染め上げて、丹精込めて丁寧に全工程を手作業で行っています。

しなやかで本当に軽やかな絹地に横縞模様や燕絣が織り込まれ、おしとやかで洗練された印象を与えます。

沖縄の絣の最大の特徴である手結絣とは、一定寸法の絣を織り手が意図的にずらす事によって柄をあらわす技法です。

大幅ににじんでしまった絣足のにじみの美しさをヒントに、草木染のぼかし染技法として展開し、さらに地糸に対する絣糸の織密度に変化をつけ、絣に陰影を出しております。

幻のように貴重なお品ですので、まさに至宝と呼ぶにふさわしいといえます。

着物通好みで、琉球ものの中でも極めて稀少な創造性に溢れております。

数多くの受賞歴が物語るように、技術力、熱意とともに卓越した才能を開花させ続けている川平織の作品には力強さを感じることができます。