貝紫(かいむらさき)

貝紫の文様

貝紫(かいむらさき)染めはアクキ貝科の貝のパープル線から取れる分泌物で染める染色方法です。

1gを取るのに2000個もの貝を必要とし、染めた布は古来より高貴な人々しか着ることを許されない、大変貴重なものでした。

日本でも吉野ケ里遺跡からこの染料を使った布片が発見されたり、海女さんが手拭に魔除けを描いたりするのに使われていたそうです。

貝紫の歴史は、はるか紀元前16世紀頃、地中海で栄えたオリエント文明の中心、フェニキアにさかのぼり、その後、エジプト、ギリシャ、ローマにシーザーは紫のマントを纏って王座についたという数々の英雄伝説が伝えられています。

その希少性から高貴さの象徴とされてきた貝紫の色糸を贅沢に用いて、存在感抜群の文様を表現しています。