角通し(かくどおし)

角通し (かくどおし)は、江戸小紋の柄のひとつです。

細かい正方形が縦横に連続した模様で、鮫、行儀とならんで、小紋三役のひとつです。

先端が正方形の彫刻刀で彫り抜いた錐彫りの型紙で染められる江戸小紋で、角通しは縦にも横にも筋を通すという意味を持つといいます。