間道(かんとう)

間道(かんとう)とは古い縞模様の名称のひとつで、室町時代から桃山時代にかけて渡来した縞柄、格子縞、横縞、または縞の一部に浮織のあるものなど、特色のある織物を間道といいます。規則正しく、美しい色糸の配色です。