鰹縞(かつおじま)

江戸時代、粋でいなせな「江戸っ子」という概念が広められた当時、単純で明快な縞の柄は粋な文様として大流行し、さまざまな縞柄が誕生しました。

鰹縞(かつおじま)はその中で、考案された文様です。古来より鰹は縁起の良いものとされてきましたので、一層好まれる傾向にあったようです。