麹塵染(きくじんぞめ)

麹塵染 (きくじんぞめ)は、古来より皇室のみ用いることを許された色、麹塵を使った織物です。

古代中国王朝、周の時代にはすでに存在し、その色は、刈安草と紫草の染め色とされていますが、近世では経青、緯黄の織り色とされています。

日本では、桐竹鳳凰文を伴うことで天皇の位袍にのみ使われていました。その最大の特徴は、角度、光線の違いにより変化する不思議な色彩にあります。

普段は落ち着いた緑や紺系の色合いをしていますが、ちょっとしたお出かけやパーティーなど、華やかな照明(白熱電灯)の下では鮮やかな赤系の色合い、というように場面にあわせて色合いが変わって見えます。