金泥箔(きんでいはく)

金泥箔 (きんでいはく)とは、桃山時代から江戸時代にかけて日本の漆芸術の粋を極めた蒔絵に用いられた技法の一つです。

純度の高い本金の砂子を密に散りばめ更に透漆を塗りこれを何回も塗り替えし磨きあげ、

その中に漂う独特の光沢と底に輝く金箔の重厚な光は他に類をみず、これを見る人を長く魅了してきました。