金唐革(きんからかわ)

金唐革 (きんからかわ)は、300年以上前のヨーロッパで花開いた黄金の皮革芸術です。

ヨーロッパ貴族達に愛された金唐革は江戸時代に日本に渡来し、大変貴重で高価な装皮革品として扱われました。