貴秀螺鈿(きしゅうらでん)

貴秀螺鈿 (きしゅうらでん)は、金銀の箔を丁寧に一枚ずつ和紙に張ってから糸のように細く細く切断し、一本ずつ手で撚糸したものを帯地に使用する「引き箔」の技法。

そこにさらに一工程「箔に絵を描く」という作業が加えられたのがこちらの貴秀螺鈿です。

つまり、箔をのせた和紙の上に、なんと、帯の柄となっている意匠を描いてから切断、再び織り上げるという、緻密な作業の上に完成された一本です。