京繍(きょうぬい)

平安建都に伴い、繍技の職人をかかえる縫部司が京都に置かれ、衣服の装飾に用いられ始めたのが、京繍(きょうぬい)の起こりです。

以降、京繍は、十二単(平安時代)、武将の胴服(鎌倉時代)、能衣装(室町時代)と用いられ、華麗な文化が咲き誇った安土・桃山時代には小袖に多用され、さらに発達しました。

この動きは江戸時代まで続き、明治時代以降はさらに幅広い分野で用いられていきます。