京摺り友禅(きょうすりゆうぜん)

京摺り友禅 (きょうすりゆうぜん)は、京友禅の中でも特に高度な技術を要し、今では数少なくなった摺染め。

江戸時代前期。長い戦乱から開放され、豪華な衣装など自由な社会風潮の対策として、1683年 奢侈(しゃし)禁止令が発布されました。

摺り染め技法の始まりは、贅沢な絞り染め・鹿の子絞りが禁止され、鹿の子文様を表す技法「摺り匹田鹿の子」とされています。

そのため摺り染めは、奢侈(しゃし)禁止令がなければ生まれない技法でした。