京友禅(きょうゆうぜん)

京友禅 (きょうゆうぜん)は、多色使いながらも、高貴な美しさがございます。

デザインは写実的な加賀友禅とは異なり、花鳥風月をより優美に表現することを特徴とします。

意匠作り、下絵、糸目糊置き、色挿し、伏糊、地染め、蒸し、水洗い、仕上げなど多いもので14もの工程があります。

京都ではそれぞれ専門分業化し、仕上がりまで数ヶ月かかります。