万祝(まいわい)

万祝 (まいわい)

大漁の年に船主から船子や関係者に配られたもので浜着や祭りの晴れ着として着用したり、
正月2日には全員そろいの万祝姿で大漁祈願詣でをしたといわれています。

1800年頃から1950年頃まで作られましたが現代では姿を消してしまいました。
背の所には船主や綱主の家紋や家印などが配され潮の香りと、
たくましい男性美が秘められ「黒潮漁業美術」とでもいえるでしょう。

厳しい漁の生活に従事する海の男の晴れ着であり、勲章でもありました。