名物裂(めいぶつぎれ)

名物裂 (めいぶつぎれ)

室町時代から桃山時代にかけて、中国や南方諸国より伝来した織物裂(金襴、緞子、間道、その他の裂地)で、別名「古代裂(こだいぎれ)」とも称されています。

伝来当時より、この織物裂は、茶人 寺社 公家 上流武士などの装束、調度品、贈答品とされました。

また、特に優品とされ、好まれた織物裂に対して「名物裂」と呼称されるに至りました。