銘仙(めいせん)

銘仙(めいせん)は、一般にいう“平織りの絹織物”です。大正から昭和にかけての女性の普段着として、また、お洒落着として日本全国に普及しました。

経糸(たていと)と緯糸(よこいと)を交互に組み合わせる織物ですが、銘仙は、経糸の色と緯糸の色を故意的にずらすことで、色の境界がぼけるような柔らかい見栄えとなり、これが当時の流行となりました。

有名な産地では「伊勢崎銘仙」「足利銘仙」「桐生銘仙」「秩父銘仙」「八王子銘仙」があります。