宮古上布(みやこじょうふ)

宮古上布 (みやこじょうふ)は、日本四大上布のひとつに数えられるなめらかな仕上がりの織物です。

400年前、琉球王朝から功績を認められて栄進した夫のために妻が上布を織り、お礼の意味で王に献上したのが、宮古上布の始まりとされております。

宮古上布の種類

格調高い品位にあふれ、昭和53年には国の重要無形文化財の指定を受けています。

宮古には、「宮古織り」「宮古麻織」「宮古苧麻布」「宮古上布」があります。生地端に名前が織り込まれますが、それぞれ素材が異なってまいります。

「宮古織り」 → 経糸:木綿 緯糸:ラミー(縞模様中心)

「宮古麻織」 → 経・緯糸:ラミー(縞模様中心)

「宮古苧麻布」 → 経糸:ラミー 緯糸:手績み苧麻糸(ブー)

「宮古上布」 → 経・緯糸:手績み苧麻糸(ブー)100%

宮古上布は丈夫で長持ち

宮古上布は、まず糸づくりからその製作工程がはじまります。大事に育てた苧麻の繊維を指や爪を使って細く裂き、それを指で丁寧に撚り、紡いで糸にしていきます。

その糸は、織りあがりの図案にそって絣括りされ、天然染料によって染色。そしていよいよ、根気強く手織りされるのです。

そうして布となった宮古上布の最後の工程は、糊付けと砧打ちです。この仕上げの加工を「洗濯」と言い、洗濯された宮古上布の生地は、糸ムラがなくなり、蝋引きしたような艶としなやかさが生み出されます。

砧打ちをして光沢を出し、親子三代物と言われるほど、丈夫で長持ちする。

原料の麻の生産から最後の工程まで、全てが手作業で行われます。一点に相当な時間を要するのも、おのずとお分かりいただけましょう。