もじり織

もじり織とは、捩り織と書き、1本の経糸が1ないし2本の経糸に絡みながら緯糸と組み合った、透き間のある織物で羅、絽、紗などの種類があります。
経糸が絡むことから、絡み織りともいいます。

複数の糸を捩った太い糸を経糸とするため、目が粗くなり、そのため通気性がよく、斜め方向に伸びる生地ができます。