杢目絞り(もくめしぼり)

杢目絞り (もくめしぼり)は、不規則な縦じわが、木目のように見えるところからついた名称です。

布地を5~10mm間隔で平行にぐし縫いして絞り、浸染することよって表します。