ムガシルク

ムガシルク とは、インド・アッサム原産の野蚕糸を用いて手織したインドムガシルク100%の作品です。

ヤママユガ科の野蚕の一種から手作業で紡がれます。
野生の蚕は、食べる葉の種類が違うだけで、様々な色や硬さの繭を作り出します。
ムガ繭はSomやKatmar treeの葉を食べて育つ蚕によって生み出されています。

食べる葉の種類でこのように金色の糸で繭を作るのですが、自然の中でとれる繭自体も少ない上に糸はわずかしか取れません。
細い糸で手織りされ、品の良い光沢のある極上の布となります。

リズミカルな節感ものびのびとして楽しく、爽やかな表情を与えています。
ふんわりと柔らかく、艶やかな絹糸にじっと見入る美しさです。
紡がれた糸が自然のままで、金色に輝くことからゴールデンシルクとも呼ばれます。
ムガシルクのざっくりとした素朴な風合いと、規則正しい文様がコントラストを演出し、とても個性的な作品となっています。