鍋島錦(なべしまにしき)

佐賀錦

文政年間に、鹿島鍋島家の9代目藩主夫人であった柏岡の方が病に伏せますが、その間、部屋の網代組みの天井を見るうちに、その美しさに大変心を惹かれ、柏岡の方が近習の者達に網代組みの天井の美しさを何か身近なものに写したいと打ち明けたところ、夫人を慰めるために、とある近習が紙縒りを使って小物を作り、喜ばれたといいます。

この網代組みの小物が佐賀錦の祖であったと伝えられます。

佐賀錦が本格的に生まれ出たのは、11代目藩主夫人である柳岡の方と、13代目藩主夫人葛子が、経糸に紙、緯糸に綿糸を使って手遊びで織り上げたことに始まります。

藩主の鍋島直彬に勧められて、柳岡の方と御殿女中たちは紙糸を金箔糸に、綿糸を絹糸に代えてより美しい織物を作り上げました。

これは御殿女中たちの間で受け継がれ、参勤交代の際にも幕府へ献上されました。

明治の初め、廃藩によって中奥が解体され、佐賀錦は存続の危機となったが、佐賀錦の消滅を惜しんだ大隈重信の肝煎りで、1910年(明治43年)、ロンドンの日英大博覧会に出品されたところ、大好評を博しました。

これを機に、「おくみもの」「組錦」「鹿島錦」と呼ばれていたものが、産地を明確にするため「佐賀錦」という名称に統一されるようになりました。

しなやかで締めやすい最高級のひと品です。立体感のある模様とともに、洗練された絹糸使いが見る者の心を捉えて離しません。