長板中形(ながいたちゅうがた)

江戸小紋の模様を染める技術から生まれた長板中形染(ながいたちゅうがた)は、細かい模様を木綿に染める技法により、優雅で大変美しいものになりました。

その技術は、無形文化財としての指定保護を受けております。

長さ6.5m、幅46cmの長い板に生地を貼り付け型紙を置き、藍で染めない部分に糊を乗せて柄を表現していきます。

技術を受け継ぐ職人も少なくなり、大変貴重な染織品の一つです。

長板中形の特徴

長板中形の特徴の特徴は、「絵画的な文様が多いこと」と「生地の表側だけでなく裏側にも染めを施す」ことです。

木綿に染めて浴衣にすることが多いですが、麻や絹織物に染めることもあります。