生紬(なまつむぎ)

生紬 (なまつむぎ)とは、生糸の精練を途中で終えて、そのセリシンを完全にとりきらずに織ったものです。

セリシンの色であるやや茶色味を帯びた色調を持ち、風合いも麻のようにざっくりとしていて、さらっとした張りがあるのが特徴です。その張りを生かして、単衣でも裾捌きのよいきものになるともいいます。

絹は白く光沢のある部分であるフィブロインを、膠質のセリシンが包んでいるようになっています。

セリシンがあると、染めが鈍くなる、あるいはきれいな色が出にくいこと、またシャリ感を持つため、絹特有の柔らかさが出にくくなります。

そのため、精練でセリシンを取り除いて、よく染まるようにしたり、しなやかさや光沢を引き出します。