南部古代型染(なんぶこだいかたぞめ)

南部型染

藩政時代に武家の裃や袴、小袖に用いられた図柄が、南部古代形染め(なんぶこだいかたぞめ)。

130をゆうに超える多種多様な文様は今も受け継がれ、伝統的な手法で製作されています。

正藍や植物染料の紫紺、茜などを使い、木綿や紬に型染をしたものが一般的です。

ふっくらとした厚みのある木綿地に赤茶色の唐草が生命力豊かに枝先を広げる個性的なデザインです。